記憶にある人々

太地 舵取埼灯台 雲が湧き出でるあたりに先祖はいた 令和4年4月

自分ひとりで成長した人間はいない。家族は父母、祖父母、おじやおば、大勢が支え合ったのだ。
記憶の続く限りと、92歳になる弘資叔父、89歳の市朗従兄、その他大勢のいとこたちやまたそのいとこたちの調査と協力で一族のおよそ昭和以降の様子は明らかになりつつある。彼らの文章も増えてきた。生き生きと昔の人々の思い出が連りつつある。
家族の在り方が劇的に変化する日本社会、少し前のことでも分からなかったことが沢山あった。
4月の紀州訪問で多くの人たちにあり新しい発見があった。
(令和4年2022,9月)


 岸 龍太郎伯父

 北ノ川モチノキには2度行った

 湯川の家と戦後のはじまり

 小口の須川家 謙一さん

 レイテの生存者 須川 章夫叔父

 一雨100万円の男 三十代須川 長右衛門 正雄

 家族の英雄だった須川 濟(わたる)

 母方祖父 久彦には世話になった

 宮崎 昇叔父と喜美子叔母

 須川 久伯父

 須川 弘資(ひろすけ)の記録
  その一【中学時代】昭和18年4月~20年8月迄
  その二【引き揚げの記】昭和20年8月15日~9月2日

 岸 幹二(きし かんじ)の岸家の思い出
  1,叙勲に際して 「岸 達之介と須川 久彦」
  2,岸家の引揚げ
  3,父 龍太郎(りゅうたろう)
  4,父 龍太郎から聞いた最後の話

 中村 元宣(もとのり)夫妻のインドネシア体験記
 続「おっかなびっくり南の国」(PDF /別ウィンドウ)

 31代長右衛門 須川 市朗(いちろう)の記憶
  1,須川 市朗(いちろう)の少年期

 大前家
  1,大前家はサッカー一家
  2,大前 卓也(たくや)とサッカー
  3,父 “大前 靖(じょう)” 大前 卓也 記
  4,大前家のこと 須川 真澄(ますみ)記
  

 「宇久井のおじさん」 阪口 七郎平さん…..

 生駒、中村、中口家の系譜
  1、生駒家の系譜 「喜代門」
  2、中村家、中口家
  3、生駒兄弟カナダに渡る。

 須川 豊の生き方
  1、原点は「京城帝国大学医学部」
  2、「こども医療センター」の設立
  3、 

 母方 叔父須川 弘資と旅行